FACCIAMO LA MUSICA

ヴァイオリン奏者がヴァイオリンについて語るサイトです

ヴァイオリンレッスン日記①

f:id:switvn:20200419204840j:plain


スカイプでのオンラインレッスンを始めて約1か月が経ちました。

 

お陰様で生徒さんが少しではありますが増えてきたのでレッスンの様子や状況を書ける範囲でご紹介します

 

 

 

始めてのスカイプレッスン

これまでスカイプでのレッスンは語学のレッスンで受講する事が過去にあったものの、私自身がヴァイオリンのレッスンをする側にも受ける側にもなった事はありませんでした。

 

コロナの影響で学校が休校となり、籍を置いているアカデミーの先生がスカイプでレッスンをしようという事で初めてスカイプのレッスンをする事になりました。

 

教える側としてスカイプを使う前に教わる側でスカイプのレッスンを経験できたことは良かったと思います。

 

私の習っている先生は音楽的な知識や意見を交換し合う事が多いのでスカイプレッスンでも十分に成り立ちました。

ある程度音量の違いはわかるものの、細かい音量、音色の違いまではマイクが自動調整されてしまう関係上わからないのでそこは難しいと思います。

 

なので、スカイプのレッスンに加え、録音機で録音をする・ビデオを撮ってそれらを送り、その録音・録画に対してアドバイスする等、より細かい事がわかるよう対策は取ってくれました。

 

 

 

スカイプのメリット・デメリット

先程書いた通りスカイプレッスンでは普通の対面レッスンとは状況が違うのでそれに伴うメリット・デメリットがあります

 

メリット

  • 先生と生徒の都合さえ合えばいつでもどこでも受けることが出来る
  • スカイプには録画機能があるので録画が簡単に出来る
  • 15分等の短い時間のレッスンもしやすい
  • 楽器ケースを開けて調弦するなどの最初の準備をレッスン開始前に生徒で行っていればレッスンの時間いっぱいレッスンに使う事が出来る

 

レッスンの為に移動をしなければいけない問題を解決できることは画期的だと思います。

例えばこの先生に習いたいけれど教室が遠すぎるという問題はなくなり、海外にいても気軽にレッスンが受けられます。

 

さらに、楽器ケースを開けて調弦するという動作も、人によっては時間が掛かるのであらかじめレッスンの時間までに弾ける状態にしてもらう事でレッスン時間の無駄を減らすことが出来ます。

 

もし15分レッスンをするなら楽器の準備、片付けで5分くらいは取られ、次の生徒さんが待っていたらレッスンを延長する事も難しいです。

 

場合によっては15分のうちの5分しかレッスン出来なかったという事も起こりうる訳です。

それにより短いレッスンはお断りせざるを得ません。

 

しかしスカイプでは開始前に準備、終了後にゆっくり片付けが出来るので短い時間のレッスンもスムーズになります。

 

 

デメリット

  • 出来る限り言葉で説明しなければいけない
  • マイクの自動調整で音質、音量が実際で聴く時と違って聴こえる
  • 触れることが出来ない

 

特に楽器のレッスンの場合、体の使い方を説明するときに生徒の身体の一部を触って生徒に感覚を覚えさせる(決してセクハラではありません)場面が出てくるので、スカイプだとそれが出来ません。

 

全て言葉の説明か自分が実際に行ってそれを見て真似てもらう等他の方法でその問題を解決する必要があります。

 

言葉で説明しなければいけないのでどう言えば理解してもらえるかレッスン毎に試行錯誤をしています。

 

 

音の問題についてですが、ある程度の音の違いはわかりますし、私が教えている限りでは音量の違いも伝わってきます。

勿論生に勝るものはないのですが…。

 

音楽院でピアノをやっている学生の友人と話した時に、スカイプレッスンを受けたら音が極端に小さくなる、割れるという事が起こったと言っていましたが、ヴァイオリンは楽器の造りや一度に弾ける音の数が違うからかその様な事は特に起こっていません。

 

Home | SAWAヴァイオリンオンライン教室

 

 

レッスンを受けた生徒さん

これまでに小さなお子さんから大人の方までレッスンの申し込みがありました。

 

私自身、スカイプレッスンは気が引けていたのですがやってみると普通のレッスンとほぼ何ら変わりなくレッスンが出来ると思いました。

 

 

特に大人の方は言葉で丁寧に説明した方がわかって貰えるのでスカイプレッスンは向いているのかなと思います。

 

小さなお子さんの場合はスカイプを使いこなすために親御さんの付き添いがあるので、教室に一人で来てレッスンを受けたものの子供一人じゃレッスンが理解できなかったという問題も自ずと解決されます。

 

私としては、10歳くらいまでは親御さんがお子さんの受けるレッスンを見て、お子さんがレッスンで言われたことを忘れてしまった事等を補助してもらえると非常に助かります。

積極的にレッスンに関わってもらう方がお子さんの上達には良いかなと思っています。

 

それぞれのご家庭の事情はあるとは思いますが、自宅でレッスンが受けれるという事はレッスンに参加して貰いやすいのではないのでしょうか。

 

 

私のレッスンを希望してくださった方は年齢やレベルの違いはあれど皆さん勉強熱心で私自身非常に勉強になります。

 

スカイプにはチャットがあるので、チャットにてレッスンの時に聞けなかった質問等を皆さんしてくださいます。

チャットなのでより気軽に質問しやすいのかと思うとそれもスカイプのメリットかもしれません。

 

レッスンの様子

レッスンの様子の写真や動画などは基本的に出す事はしないですし、個人を特定するような事は書けないので漠然と書きますが、私としてはそれなりに充実したレッスンが出来ているのではないかなと思います。

 

 

わざわざ移動する必要がないので週に一度1時間がっつりやるよりも、1週間に2回等短い時間に分けてレッスンするという事もやりやすいです。

 

毎日練習して少し進んではレッスンするという事でモチベーションの維持にも繋がるので、短い時間のレッスンを短い期間に分けてやるのも一つの手ではないのかと思います。

 

 

中にはコンクールに挑戦する生徒さんもおり、課題曲が難しいので普段の先生に加えて私の元で基礎の強化、モチベーションの維持の為にレッスンを受けられています。

 

 

レッスン後の対応

先程も書いた通りスカイプのチャットは非常に便利で、レッスンで言えなかった事、言ったけれど言葉にした方が良い事等はチャットを使います。

 

レッスンの後にレッスンのまとめを送る事もありますし、画像やPDF等のデータを簡単に送る事が出来るのでこのあたりは普通の対面レッスンよりやりやすいと思います。

 

勿論スカイプレッスンでなくてもメールやメッセージアプリのやり取りは行いますがスカイプをしているとき程有効活用出来ていなかったので、普通の対面レッスンでも見直す必要があると思うきっかけができたスカイプレッスンには感謝をせねばと思いました。

 

 

最後に

スカイプの長所を最大限に生かしながら短所を補いつつ充実したレッスンをしていければと思います。

 

もしスカイプレッスンに興味がある、質問したいことがある方はお問い合わせください。

無料体験レッスンも行っておりますのでお気軽にご連絡ください。

www.sawamusicclass.com